三寒四温★本来の意味とは?使う時期が変わってきてる?意味文例集

三寒四温
(さんかんしおん)

美しい四文字熟語。
スピーチや手紙で聞いたことありますよね。

いつごろの時期に使う言葉なのでしょうか?
なんとなく春のイメージで使っている方も
多いとおもいます。

実は三寒四温は冬の季語
春につかってもいいのでしょうか?

詳しくみてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサード リンク

三寒四温、使う時期は?

三寒四温(さんかんしおん)は冬の季語。

秋の終わりから春の始まる前まで
冬の間中ずっと使えます。

手紙では2月の時候のあいさつとして一般的です。

三寒四温の意味

冬の時期の気象現象のことを意味しています。
3日間くらい寒い日が続いたあと
4日間くらい暖かい日が続く。

そしてそれを繰り返すという意味。

もともと中国東北部や朝鮮半島北部などで
冬の時期の、寒暖の周期の変化を表す言葉として
使われている言葉です。

それがそのまま日本に伝わってきたけれど、
実際に日本では三寒四温の現象が起こるのは
真冬ではなく春先なんです。

早春に低気圧と高気圧が交互にやってきて、
寒くなったり暖かくなったり繰り返しますよね。

そんな春先に「三寒四温」の言葉をつかう人が
いつの間にか増えています。

三寒四温の使い方は?

上記の理由で
最近では「三寒四温」が本来使われる冬ではなく、
春先の変わりやすい天気に使われることが多くなってます。

三月から四月にかけて
春に向けてだんだん暖かくなっていく。
といった意味合いで使う方が増えてきました

テレビの気象予報士たちも
春先の意味合いで使う方が増えてきます。

時代の変化とともに言葉の意味合いが
変わってゆくことは良くあります。


スポンサードリンク

文例としては

 
では最後に文中での使い方、文例のサンプルをご紹介します。

「三寒四温と徐々に温かくなる春今日この頃」

「三寒四温などと言われる季節」

「三寒四温の季節、皆様におかれましては」

「三寒四温と言いますがこうして徐々に春になって」

「三寒四温とか言われる季節、そろそろ梅のつぼみも」

三寒四温のまとめ

そもそも冬の言葉だが
最近では春先につかう人も増えた。
3日間くらい寒い日が続いたあと
4日間くらい暖かい日が続いてそれを繰り返すという意味。

こういった四文字熟語をさりげなく使えるといいですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
お役に立てましたらシェアしていただけると嬉しいです。

同時に読まれている記事

「免疫力を高める食べ物!」【最強】はコノ7つ!
我が家は小学生のこどもから、 おじいちゃんおばあちゃんまで 3世代で食卓を囲みます。 もちろん風邪菌も3世代間で、ぐるぐる回ります...
薬を飲まないで鼻づまりを治す7つの方法!子供が寝れない夜
鼻づまりを治す7つの方法! 風邪と花粉の季節、鼻づまりで寝られない子供さんも多いと思います。 小さな子供の鼻づまりは今にも呼...
完全無農薬!オーガニック茶の嬉しい感想!【子供と飲める白井田七。茶】
100%オーガニック!完全無農薬で作られたオーガニック茶」を子供と飲み始めました!その名も『白井田七。茶』(しらいでんしち。ちゃ)と言う日本...
「すーすー茶の作り方と飲み方」効果もレビューします。
子供の鼻炎対策に選んだ「すーすー茶」 私の父は若いころ 蓄膿症の手術をしました。 その時の看護婦さんが私の母。 そんな鼻炎サ...
『白木蓮と木蓮』 モクレンの色・花言葉・季節は? 恐竜も食べていた!
白木蓮(ハクモクレン) 紫木蓮(シモクレン) 木蓮(モクレン) 春も近づく三月中旬から可憐な花々を咲かせる モクレンとそ...
Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2018
スプーン一杯のハチミツで免疫力UPさせよう!
BeeMe
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサード リンク

フォローする

この記事をお届けした
ナゼナニコミチの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサード リンク