8月 032014
 
ヘルパンギーナ症状原因治療法

ヘルパンギーナ

とは

いわゆる「夏かぜ」と呼ばれる感染症。
台風の名前ではありませんよ^^

保育園、幼稚園、学校などで夏場に最も数多くみられる疾患です。

ここ数年でその数は急上昇!
免疫力が低下していると大人も子供もかかるので要注意です。


スポンサードリンク


ヘルパンギーナの症状と特徴

ヘルパンギーナについて話す看護師
ヘルパンギーナの
代表的な3つの症状

①高熱(38度~40度近い高熱)
②口内炎や口腔内の水泡(複数)
③咽頭炎(喉の炎症)

突然、38℃以上の発熱。
2日~4日位続きます。
ノドの奥にブツブツや腫れ、
口内炎がみられます。

口内炎や喉の痛みのため食欲が落ち、
「飲まない・食べない・むずかる」

という三拍子が始まります。

小さい子供はよだれを垂らしたり、
痛みのため指を口の中に入れたりします。

湿疹や下痢がみられる場合もあります。

症状がひどい時は水分も飲めなくなり、
脱水症になることもあり点滴が必要なこともあります。


そして厄介な事に
免疫力が下がっていれば
一度かかってもまたかかることがあります。



ヘルパンギーナ大人もかかる?


大人でもかかります。
子供が治ったら、今度はママ!という事が多いです。

大人がかかった場合、症状は軽いことが多く
熱もあまり出ません。

しかし免疫力が低下していれば
重症化する場合もあります。

私の取引先の男性は
10日苦しんでなんと5キロ痩せたそうですよ!



ヘルパンギーナの原因


ヘルパンギーナ
エンテロウイルス群によるウイルス感染症です。

コクサッキーウイルスをはじめとし、
10種類以上のウイルスがいます。

どのウイルスに疾患するかにより
『ヘルパンギーナ』になったり
『手足口病』になったりします。

症状の違いは、発熱と発疹の出る部位です。
ヘルパンギーナの方が高熱が出るようです。

  ⇒手足口病の症状はこちら




潜伏期間


潜伏期間は2日から6日です。
潜伏期間でも感染力があり、他人に移ります。



感染経路


経口感染(感染者の分泌物や排泄物)
飛沫感染(ツバや咳)
接触感染

毎年、保育園や幼稚園、
小学校で流行るのもうなずけますね。



ヘルパンギーナの治療方法


ヘルパンギーナの治療方法は
安静を保って自然に治るのを待ちます。
残念ながら特効薬はありません。
予防となる抗ウイルス剤やワクチンもありません。

ごくまれにですが、
髄膜炎を合併することがあるため
頭痛・嘔吐がひどい場合には
早めの受診をお勧めします。


◎発熱や頭痛に対しては⇒
アセトアミノフェンなどを使用し対症療法をします。
冷えピタを「おでこ、わきの下、手首足首」に
貼るといいですよ。


◎口内炎に対しては⇒
痛みを軽くする方法がいくつかあります。

    ⇒口内炎を治す!4つの方法★こども妊婦さんも大丈夫! 


◎高熱に対しては⇒
解熱剤(カロナール、座薬など)を使用することもあります。


詳しくは次の手当てのポイントをお読みください。

最初の2~3日は高熱が続くため
「脱水」にならないようにとくに注意が必要です。




手当てのポイント


【高い熱】
まず着せすぎに注意しましょう!

おしっこの回数が一日3回以上あるように
水分を十分に与えます。
一度に多く飲めないときは
少量ずつ頻回に分けるといいですよ。

39℃以上の発熱や頭痛があり、
ぐったりしている時は、
解熱剤(カロナール、座薬など)を使用してもかまいません。

しかし発熱は体が一生懸命戦っているサイン。
免疫力を高めるチャンスとも言えます。
自力で回復する力を押さえ込まないためにも
安易に解熱剤を使用するのはやめましょう。


解熱剤を飲むか?飲まないかの判断の目安は⇒
「ぐったりして、つらそうかどうか」
「高温でも眠れていれば飲まなくて大丈夫」

上記を参考にご家庭で判断してください。

判断が出来ない時や
水分がとれずに「ぐったり」している場合には
早めに病院を受診してくださいね。

冷えピタや水枕で脳を保護するのも忘れずに!


ひえピタを嫌がるお子さんには水枕が何かと便利。↓



【食事】
口の中を刺激しないように
薄味のもの、やわらかい物や
水分を多く含んだものがいいでしょう。

うどん
そうめん、にゅうめん
お粥
プリン
ヨーグルト
ゼリー
アイスクリームなど

 食事メニューはコチラ⇒ヘルパンギーナの感染時の食事レシピ



【シャワー・入浴】
熱があっても元気なようであれば
汗を流す程度のシャワー・お風呂は大丈夫です。
長湯は体力を消耗するのでやめましょう。



【お部屋は…】
クーラーや扇風機を上手に使って
過ごしやすくしましょう。
扇風機は風が直接あたらないように
遠くから風を送り、
お子さんが寝入ったら止めてください。



治るまでの期間


発症後、7日から10日ほどかけて
徐々に治っていきます。



ウイルスが身体に残る期間


ヘルパンギーナにかかってから

つば・唾液・鼻水に残ったウィルス⇒約14日
排泄物に残ったウイルス⇒約1ヵ月


そこから感染することもありえます。

ヘルパンギーナは解熱しても口内炎があるうちは
その唾液から飛沫感染しやすくなるので注意しましょう。



登校登園はいつから?


目安は口内炎があるかどうか。
(あれば唾液から飛沫感染してしまうので)

熱もなく、元気で口内の痛みもなく食事ができるようなら
発疹があっても登園・登校しても大丈夫です。

ヘルパンギーナになっても出席停止にはなりませんが
免疫力が落ち、体の弱っているときは
別の感染症にもかかりやすくなります。

無理のないように十分身体を回復させてから
登園や学校に登校するようにしましょう!



プールや外出


プールや外出は熱が下がって、
湿疹や水泡がなくなればOKです。



こんなときはもう一度診察を…


次のようなときは
迷わず医療機関を受診しましょう。
  1. 口の中が痛くて水分をあまり飲まない時
  2. 高熱が3日以上続くとき
  3. 吐いてぐったりしているとき



お大事になさってください

ヘルパンギーナは治ってもまたかかることがあります。
日頃から免疫力を高めておく事で予防できますよ

「免疫力アップ」「健康」に関する記事もお読みください↓

 ⇒免疫力をグングンあげる食べ物!【最強】食材はコノ7つ!

 ⇒免疫力がアップする『3つの簡単な方法』基本はコレ! 

 ⇒家族でカンタン!免疫力をあげる方法!

 ⇒鼻づまりをカンタンに解消する方法!子供妊婦OK

 ⇒喉の痛みを治す10のカンタン方法!子供妊婦授乳中もOK!

 ⇒喉の痛みに効く!「7つの良い食べ物・悪い食材」

 ⇒免疫力を高める『こどもバナナ青汁』

つらい症状が早く良くなりますように…
最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサードリンク




関連記事も合わせてお読みください。ヾ(*´∀`*)ノ





フェイスブックのフォローもぜひよろしくお願いします♪

 Leave a Reply

投稿

(required)

Top