4月 152014
 
2014-04-15_221205

板チョコを
もっと美味しく!
ウラ技レシピ




板チョコにアレとアレを入れると
ヘルシーな生チョコトリュフが
簡単に出来るんです!

その名も
【お豆腐生チョコ トリュフ】

今日は、健康効果の高い
ブラックチョコレートを

使って作ります!


板チョコレートに生クリームを入れると
トリュフが作れますよね、
でも生クリームだとカロリーが心配…

そんな方は生クリームの替わりに
お豆腐を使ってみてください!

そしてチョコを溶かす際には
チョコを細かく砕いて入れてみてください!
(ためしてガッテンでも紹介されていたフレーク法)

ヘルシーでまろやか
美味しい生チョコトリュフが
簡単に出来上がりますよ!


スポンサードリンク



宝石みたい!お豆腐生チョコトリュフの作り方

2014-04-15_221205
【材料】(約10個分)

●板チョコ    2枚
●絹ごし豆腐(木綿でも可能)
 70g(水切りして裏ごし)

●製菓用ココアパウダー
●粉砂糖



1.水切りした絹豆腐を生地を
ゴムべらでよく混ぜてなめらかにする。


2. チョコレートを細かく割りくだき、
レンジOKの耐熱容器に入れ、1分ほど過熱。

スプーンで混ぜてみて、
完全に溶けるまで溶かします。
10秒づつくらい様子を
見ながら溶かすといいですよ。

ここでウラ技~【フレーク法】


時間のある方は、
2の溶かしたチョコの中に
細かく砕いたチョコを入れて
混ぜてみてください!

これは「フレーク法」といわれる調理法。
砕いたチョコが種となり、そのまわりに
口どけのまろやかな結晶が
次々と作られて、全体が
なめらかになり、もっと美味しいチョコレートになるんです!



3.1の生地と2の溶けたチョコレートを
一気に入れて手早くゴムべらで
混ぜ合わせます。

★豆腐の水気が多く、
一つにまとまらない時は
スキムミルクか片栗粉を足す。


4.3を大きなラップに包み、
茶巾状にして冷蔵庫で30分ほど冷やす。
(この方法だと器を汚さず早く固まります)


5.4.が冷えて丸めやすくなったら、
作りたい数に等分してから丸める。
ラップを使って、
てるてる坊主を作るように
茶巾状にして丸めるとラクです。


6.製菓用のココアパウダーをまぶして完成。
★粉砂糖をまぶしても可愛いくできますよ。




バレンタインデーなどプレゼントしたい場合


丸く形をつくった後に、
溶かしたチョコレートにくぐらせて
表面を固くしてから
ココアパウダーをまぶすと
時間がたっても見た目がキレイです。

ドリンク用のココアパウダーだと、
時間が経つとチョコレートの内部の
水分によって粉が溶けてしまうので
プレゼントのときは製菓用の
ココアパウダーにしましょう!




バレンタインデーや
クリスマスの持ち寄りパーティーに
「あんまり甘くないチョコのお菓子」として
手作りして行ったら喜ばれました^^

    チョコレートのスゴすぎる健康効果はこちら



まとめ

豆腐とチョコレートのエピカテキン効果で
とってもヘルシーなお菓子。

しかもおしゃれなので
家族や大切な人へのプレゼントに最適☆
もちろん自分のご褒美にも^^

お豆腐で増量するので
お財布にも優しい節約レシピです☆
ホワイトチョコレートなどでも出来るので
ぜひ作ってみてくださいね。

「実はお豆腐でした~!」と
タネ明かしすると楽しいですよ!


スポンサードリンク



この記事を読まれた方はこんな記事も読んでますヾ(*´∀`*)ノ


フェイスブックのフォローもぜひよろしくお願いします♪

 Leave a Reply

投稿

(required)

Top