モンテッソーリ知育【折り紙 三角星の折り方】2歳~七夕・ハロウィン・クリスマス 


2歳、年少、年中さん向け
さんかく星の折り方

クリスマスや七夕のお飾りに

突然、8歳になった息子が
「年少さんでも折れる星があったなぁ~」と
思い出したかのように折ってくれました。

モンテッソーリの幼稚園で
クリスマスや七夕のお仕事のときに
教わったそうです。

「どれどれ~」と、見せてもらったら、、、
目からウロコ!! 
いえ、目から星!(☆0☆)

いったい何がそんなに素晴らしいのかと言うと、
「折る」と「考える」のバランスが絶妙!

折り紙をただ折るだけじゃなく、
最後はこども自身が星形を創りだすんです。

まさに知育!育脳!

折り方は2種類
年少さん向けと年中向けと
ステップアップするそう。

その違いにもご注目。

スポンサードリンク

折り紙 三角星の折り方

◎用意するもの
おりがみ 3枚

2~4歳(年少さん用)


大きな画面でみる

年少用は とっても簡単!
2歳からでも折れます。

※動画ではミニサイズ(7.5cm)の折り紙を使用しています。
小さな仕上がりで可愛くておススメです。

4~5歳(年中さん用)


大きな画面でみる

年中用は
アイデアはそのままですが
ワンステップわざと増やして
ちょっぴり指先を多く使ってもらう
折り方になっているんです!

さすがモンテッソーリ教育。

例えば一般的な17.5cmの折り紙を使って
年少さんの折り方でおると 
デッカイ星になっちゃうんです。

ところがこの方法だと内側に折り込むので
ミニ星に仕上がります。

大きな折り紙で小さいサイズの星が欲しいときや
立体感のある厚手の星が必要な時に活躍します。

ひとことアドバイス

ふつうの三角形が
まさかの星型に大変身するところが
この折り方のサプライズポイント。

「三角から星型にどうしたらなるかな?」
最後の組み立て部分は
お子さんにゆっくり考えさせてあげて下さいね。

おうちの方は
お口チャックで見守り役お願いします。

完成したときは
女優顔負けに驚いてあげてくださいね☆

おわりに

三角形から浮かびあがる星の姿に
こどもたちの目はキラキラ。

「星を折り紙で折るのは難しいと思っていたけど
こういう方法もあるんだ!」と
こども達は学び、実生活に応用していきます。

この時期のこどもさんにぴったりの折り方なので
ぜひ親子で作ってみて下さいね。

ちなみに三角星というネーミングは、
他の星の折り方と区別するため、
私が勝手につけました。

幼稚園ではふつうに
「星の折り方」と呼んでいたそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサード リンク

シェアする!

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサード リンク