1月 242014
 
choco-done01

子供とかんたん手作り
お花チョコの作り方



バレンタインデー当日に
作っても楽しいですよ。

チャレンジ小学二年生 2月号に載っていた
バレンタインデーのチョコレートレシピを
年子男子(小2と小1)で作ってみました。

兄弟ケンカ、回避術も
書いておきましたので
年子、双子、兄弟、姉妹のお母さんお父さん
ぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサードリンク

★お花チョコの作り方★

30分で出来るのでバレンタイン直前でも大丈夫。
blog0for-blog1
バレンタインの友チョコ、義理チョコ用のプチプレゼント。
クリスマスやお誕生日のケーキに飾ってもいいですよ!


【材料】
板チョコ(目安1枚で10~12個) こども人数分
マーブルチョコ(ミニサイズ)  こども人数分
blog2
はい。さっそくココで第1のケンカポイント!
もちろん「材料は仲良く半分こしようね☆」としたい所ですが
120%すんなり行きません。うちだけかも…

あらかじめ 人数分の材料を用意して
「そっちが多い!」「ずるい~僕の~!」のドタバタ劇を
回避しましょう!


【作り方】
①耐熱ボウル(鍋でも可)の中に板チョコを手で細かく割る。
choco1
第2のケンカポイント。
ボウルやスプーンなどの道具も人数分用意します。
洗い物が増えますがココは割り切って。


②10分位、ヘラで混ぜながら湯せん(必ず大人と一緒に)
choco2

えーい。湯せん用フライパンも二つ用意
choco3


choco4
黙々混ぜてます。笑

③クッキングシートの上にスプーンで丸くたらし
マーブルチョコで好きに飾りをつける。
choco5
ゆっくり丁寧タイプの弟。

choco6
偶然、ひよこの形になったり。見てて親も楽しい。

choco5-1
さっさと終わらせた兄。(ベッタベタだけど大丈夫なのか?)

④涼しい所において固まったら完成!
冷蔵庫で急に冷やすのはNG。白くなっちゃいます。
choco-done04

choco-done03
ベタベタだった兄のもなんとかなった。(ホッ)
むしろ味があってかわいいかったかも。


—ワンポイントアドバイス—

【食育度をアップさせる声かけ】
作る前からこどもはワクワク興味津々。
 「チョコレートって本当に溶けるの?」
 「湯せんって何?」
などと質問攻め。
すでに理科の芽はムクムク。

しかしそれだけではもったいない!

「板チョコを半分に割って1/2」
「縦3つ横3つで何個?3x3=9」など
算数目線からの会話もさりげなく盛り込ませましょう。
食育度もさらにアップ

もしお子さんから質問がでて来なかったら
鈍い親を演じてママからつぶやいても◎。
「あれ?半分に割ったら1人何個食べられかな~?」
答えはお子さんに気付かせて。

【洗い物】
気が遠くなりそうなチョコでベタベタになったボウルは
洗う前にボロ布やミカンの皮などで拭いてから
ちょっと熱めのお湯で流してから、洗うとラクです。

—感想—

この日は小学校が5時間授業の木曜日。
夕飯の準備ができるか心配したものの、
本当に30分で出来たので思ったより
作業&片付けはラクでした。
簡単なのに得られる満足感が大きいのが良かった。

年少さんくらいから色々お手伝いできそうなレシピです。
土日週末のプチおうちイベントにしたら楽しそう!

最後までお読みいただきありがとうございました。
下のボタンで共有していただけますと非常に嬉しいです☆


スポンサードリンク



この記事を読まれた方はこんな記事も読んでますヾ(*´∀`*)ノ


フェイスブックのフォローもぜひよろしくお願いします♪

  2 Responses to “バレンタインデーこども用 ★お花チョコの作り方★ 親子レシピ”

  1. こんにちは。楽しく読ませてもらいました。また訪問します。ありがとうございました。

    • 萌音様
      はじめまして!
      ご訪問、嬉しい感想をありがとうございます!
      ぜひまた遊びにいらしてください^^/*

 Leave a Reply

投稿

(required)

Top