12月 252013
 
2013-12-25_122832-1

喉の痛みに効く漢方薬
ランキング





早く治したいのどの痛み 漢方薬はどれがいい?
前回ご紹介した
喉の痛みの治し方【風邪で咽が痛い時】
まずする対処法 かんたん5ステップ!
の続きです。


スポンサードリンク


つらい喉の痛みを治す
漢方薬ランキング



第1位 
銀翹散(ぎんぎょうさん)

喉の痛みがひどい時は迷わずコレ!

ツバ飲み込むのも喉がつらい。
咽がパンパンに腫れている。
葛根湯では手遅れで治らなかった。

そんな時、頼りになるのは銀翹散
まさに ”良薬は口に苦し!”とはこの薬。
苦くてまずい漢方薬ですが
「激しい喉の痛み」に効きます。

飲み方のポイントはお湯に溶かして、
うがいするように患部に染み込ませ、
5分位かけてゆっくり服用すると
本当に良く効きます。


粉だけザッと飲むだけより
効果が全然違います。

めんどくさくても
溶かしてうがい飲みするのが吉!

また銀翹散は患部の炎症を取る為に
身体を冷やす作用があるので
寒気のある時はカイロやベストなどで
身体を温めながらの服用を忘れずに。

漢方薬ギンギョウサン
満5歳から服用できます。
とっても苦いですが
わが家の息子も6歳のときに
飲むことが出来ました。

しかもこどもにも良く効いた!
1回で症状が改善。

ちなみに銀翹散は頭痛にも有効。

用法
成人(15才以上) 1包
15才未満7才以上 1/2包
7才未満5才以上 1/4包
※5才未満 服用できません



第2位 
桔梗湯(ききょうとう)

桔梗湯も喉の痛み、ハレ、扁桃炎に効きます。

粉末状の顆粒タイプより
ビンに入った液体状のものが効きます!

こちらの内服液は↓
とくに声の出しすぎで痛めた喉
効果テキメンです。

ミュージシャンの方の愛用者が多いです。
こちらもうがいしながら服用してください。

うがいしていると
モコモコ泡だってきますので
私は指で泡を消しながら飲んでいます。
くれぐれも人に見られないように(笑)
漢方薬キキョウトウ
用法
成人(15才以上)
1回1本、1日服用回数3回
※15才未満は服用できません



第3位 
甘草湯(かんぞうとう)


葛根湯にも含まれている甘草湯。
なんと生後4ヶ月から服用できます!

効用は のどの痛み、扁桃炎。
英語のリコリスです。
リコリスドリンクという
滋養ドリンクもありますね。

ほんのり甘く、効き目もマイルドです。
本当に初期の風邪には
甘草湯でも大丈夫です。
漢方薬カンゾウトウ
用法
成人(15才以上) 1回1包
15才未満7才以上 1回2/3包
7才未満4才以上 1回1/2包
4才未満2才以上 1回1/3包
2才未満  1回1/4包



第4位 
麦門冬湯(バクモンドウトウ)

喉から気管が潤います!
妊婦、子供にも処方されることもあります。
こちらも生後4ヶ月からOK。

咳(セキ)の症状に使うことが多いですが
喉の痛みにもよく効きます。

服用すると、のどから気管にかけて、
モワーっとしっとり潤う感じです。
甘草湯より効く場合もあります。
漢方薬バクモンドウトウ
用法
成人(15才以上) 1回1包
15才未満7才以上 1回2/3包
7才未満4才以上 1回1/2包
4才未満2才以上 1回1/3包
2才未満    1回1/4包



第5位 
響声破笛丸(きょうせいはてきがん)

いや~いい名前ですよね~。

普段から咽喉(のど)が弱かったり、
あるいは歌をうたったり、
演説のしすぎなど発声過度(声の出しすぎ)のためになった、
咽喉の炎症、しわがれ声、声のかすれ、
咽喉の不快感に効き目があります。

風邪の喉の痛みへの即効性はありませんが
発声過度で相性があう人におすすめです。
漢方薬キョウセイハテキガン



おまけ

名前を見ただけで効きそうなトローチのご紹介。↓
以前いつもカバンに入れていました。

漢方独特の臭いと味がしますが
痛みをジワジワ緩和してくれます。
漢方薬クフウゲドクトウのトローチ


漢方薬以外で喉に効く市販薬としてはぺラック
喉の痛みペラック

病院で処方される
ソランタールが有名ですが
私の場合、飲むと動悸がして
眠くなってしまうのでいつも漢方薬を使用してます。



おわりに

漢方は相性があるので個人差がありますが
相性があえば体調管理の強い見方になってくれます。

今回ご紹介したのは市販薬ですが
お近くの漢方医に症状を伝えて
処方してもらうのが一番安心ですね。
症状があれば保険も利きますよ。

くれぐれも長引く時は、
風邪以外の病気の可能性があるので、迷わず病院へ。
ツライ風邪の症状喉の痛みが早く良くなりますように…

最後までありがとうございました!
お役に立てましたら嬉しいです。


スポンサードリンク



この記事を読まれた方はこんな記事も読んでますヾ(*´∀`*)ノ


フェイスブックのフォローもぜひよろしくお願いします♪

 Leave a Reply

投稿

(required)

Top