【日能研 塾長のお話】親への説明会の話をまとめました!

日能研全国テスト
親への説明会での話

長男もそろそろ小5。
中学受験について
いよいよ本腰を入れて調べなければ!
(遅いという人もいるけれど、うちはあまり気にしていない。)

そんな矢先、日能研の全国テストが
数日後にあると知って、慌てて申し込みをしました。

このページでは
保護者への説明会の内容を
健忘録がてら書きます。
うろ覚えもあります。

同じ日能研でも地域や教室によって
違いがあると思うので
記事内容は参考程度にお願いします^^

当日の流れや様子をレポート風にまとめたものは
こちらからご覧ください。

    行った人
    小4 長男
    小3 次男
    付き添い 私

_________________

2016年3月6日 日曜日

駐車場があるかわからなかったので
バスで行くことに。

かなり早くついてしまった。(ーー;)

日能研の外で待っていると
「どうぞどうぞ」と出迎えてくれました。
教室の中に通されたので
せっかくだから良席をキープ。

ここで
子供達は学年別に各教室内へ移動。

チラッと教室を覗くと
早く着きすぎたうちの子のの為に
若い男の先生が黒板にスラスラっと
問題を書いて「これわかる〜?」
などと、相手をしてくれていた。

私はといえば廊下に置いてある資料や
日能研の教材をパラパラめくったり

壁一面に書かれた合格者の名前を
見たりして過ごす。

とそこへ、どうやらラ・サールに
合格した親御さんが南風のように登場し、
親しげに塾長さんと話して去って行かれました。
(^^;)

さて、チラホラ人が集まりだしました。
実際、人が集まりだしたのは
テスト開始35分位前。
(どんだけうちが早く着いてしまったかはヒミツ)

子ども達のテストが開始しました

同時に親への説明会も開始しました。

はじめに講師の方から10分ほどお話があり
その後は塾長からのお話でした。

内容はだいたいこんな感じでした。
(私が勝手に要約してます。)

↓↓以下塾長さんのお話まとめです。↓↓

    【今日のテストの説明】

  • 今日は10ページのテスト
  • 学校のテストと違い、習った学力で解けるかどうか
  • 初めての子は半分くらい空欄でも問題ない。

    「ほぼ白紙」という子もめずらしくない。

  • テスト慣れすれば埋められるようになる。
  • 本番の試験はページがもっと多い。
  • 今日のテストは入塾テストを兼ねている
  • 【日能研の考え】

  • 日能研では予習はしなくて良いと言っている。
  • 予習するな→知る喜びなくなる。
  • 詰め込みではなく、応用が利く子に!
  • 復習→→→解らない所、忘れた所をなくす
  • 成績を上げるというのは解らない所をなくすということ。
  • 【日能研のテストの説明】

  • カリキュラムテスト(通称カリテ)→自分がどのくらい理解しているか
  • 公開模試テスト→ 自分がどの位の位置にいるのか
  • 【日能研のカリキュラムやコースの説明】

  • 時間割は毎年変わる。(他の教室は不明)
  • 今年から特待生制度スタート
  • 特待生制度詳しくはこちら

【その他のこと】
具体的な学校名を出して
今年度、日能研から何人合格した。など実績の紹介。
合格した子どもさん達の偏差値などの話もありました。

さらに地域の中学受験情報。
ついこの間の1月の入試問題の紹介。
解き方の説明。

各中学校の特徴の説明や
最近人気の中学情報。などなど、、、

志望校を決めかねている我が家としては
お話を聞くだけでも十分価値のある内容でした。

スポンサードリンク

個人的に心に響いたのは

成績を上げるというのは
解らない所をなくすということ!

という言葉でした。
感動屋なもんですみません。
さっそく次の日から応用して使ってます(笑)

さてとこれから色々な塾を検討して
判断したいと思います。^^

【日能研の全国テスト(無料)に行ってきました!】当日の様子レポート

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサード リンク

フォローする

こどもバナナ青汁
この記事をお届けした
ナゼナニコミチの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサード リンク